【ラノベネタバレ】スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました5巻

※この記事ではスライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました5巻のネタバレが含まれます。

前巻のラノベ『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました4巻』では、うっかり毒キノコを食べたら子供になって家族が全力であやしてくれたり、魔王の城に行ったらペコラに捕まったけど何とか脱出したりします。

村には変な吟遊詩人が来るし、娘二人は世界精霊会議に招待されるし、新キャラ登場で、ますます騒がしい日々を送っています。

この記事では、ラノベのスライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました5巻のネタバレをまとめてあります。

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました4巻のネタバレも下記の記事でまとめてありますので、チェックしていない方はこちらから。

【ラノベネタバレ】スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました4巻

2019.02.17

 

スライム倒して300年5巻のあらすじ

スライム倒して300年5巻のネタバレの前にあらすじを紹介します。

300年スライムを倒し続けていたら――巨大ダンジョンに行くことになってました!?
最初はあまりやる気がなかった私ですが、
探索の果て、遂には冒険者としての血が目覚め――たりなかったり(不思議!!)
他にも、ベルゼブブの家に遊びに行ってみたり(何か秘密があるみたい)
子供たちを学校に体験入学させてみたり(ママは心配です)と、
スローライフを忘れそうになるぐらい、今回も大忙し!

巻末にベルゼブブのドタバタわーきんぐ物語
「ヒラ役人やって1500年、魔王の力で大臣にされちゃいました」も収録でお届けです!!

引用元:GA文庫

 

ラノベ『スライム倒して300年5巻』をざっくり3行で紹介

続いてラノベ『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました5巻』の内容をざっくりと3行で紹介します。

ざっくり3行でスライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました5巻

巨大地下ダンジョンに挑みます
ベルゼブブの家に遊びに行って家族が増えました
村の踊り祭りで「魔女の喫茶」を魔族と一緒にやります

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました5巻では、地下ダンジョンに挑戦したり、ベルゼブブの家に行ったり、子供達を学校に行かせて見たり、村の祭りで喫茶店をやったり大忙しです。

あと巻末に「ヒラ役人やって1500年、魔王の力で大臣にされちゃいました」を収録しています。

こちらは購入しないとチェックできないので興味があれば電子書籍などで手にとってみるといいですよ。

U-NEXTであれば無料お試し期間があり、登録時に600円分のポイントがもらえます。

スライム倒して300年のラノベも電子書籍で揃っていますので、U-NEXTのポイントなどを利用すればすごくお得に電子書籍を読めますよ。

さて、ここから少しネタバレを含みますが・・・

地下ダンジョンが実は精霊用の宿泊施設だったことが判明し、なんとかしてあげたいと魔族も驚く大滝を教えてあげます!

ベルゼブブの庭にいたマンドラゴラ(植物)を助けて高原の家で一緒に暮らす事になりました(家族で最年少の女の子)

そして子供達が学校に体験入学に行きましたがシャルシャとファルファは優秀過ぎて、さらにサンドラは土に潜ってしまい普通じゃない事がバレました。

それでは、スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました5巻のネタバレをここから紹介していきます。

 

ラノベ『スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました5巻』のネタバレ

平穏な日々を過ごしていたある日、フラットルテが買い物の道中、たまには凄く暴れたいと言い出します。

このナンテール州は平和で強いモンスターもいない、州全体がのんびりしているので運動と言えばスライムを倒す事ぐらいでした。

フラタ村のギルドに行くと地下ダンジョンのキャンペーン広告が貼って有りました、フラットルテは飛びつき、ギルドのナタリーさんも豪華商品を期待して参加を勧めます。

パーティーは四人一組なので、アズサとフラットルテ、ライカも参加すると言います、いつの間にかやって来たベルゼブブも参加する事になりました。

ライカに乗って目的のブーガビー遺跡に向かいます、ギルド兼観光案内所で登録をすると観光案内をされ必死さが生々しいです。

遺跡の入口には「歓迎!」の文字があるのはどうかと思う、中は涼しく地下二階までは資料館になっています。

スタンプラリーが有ったり、喫茶店も有ったので名物のブーガビーパンを注文しました。

地下八階に降りると周囲の雰囲気がダンジョンぽくなりました、ついにモンスターが現れますが巨大ミミズとかナメクジとかヌルヌル系ばかり、しかも氷魔法禁止の注意書きが有りました。

もう逃げ出すしか有りません、途中ベルゼブブはスタンプをゲットしながら地下へと逃げ続けます。

地下三十四階に到着すると、ドアのある部屋が多く宝箱もありそうですが、いまだにミミズが出現、しょうがないので氷魔法を使おうとすると横から木の棒が出て来てミミズは魔法石になりました。

そこにいたのはリヴァイアサンの姉妹とブッスラー、魔王ペコラでした、ペコラは冒険者らしい事がしたかったので来たらしく他の三人は付き添いです。

一緒にダンジョンを進みますが三十五階には物置部屋がありました、淡い光が差し込んでいる方へ向かうと地上に出ました。

アズサは初めて来た場所のはずなのに見覚えがある景色の答えを見つけるため歩いていくと、したたりの精霊ユフフママがいました。

地下遺跡っぽい所は精霊用の宿泊施設の成れの果てでした、こうして遺跡攻略は終了しましたがブーガビー村の町おこしは頓挫してしまいます。

アズサは、ほっておけずユフフママに教えて貰った地の底大滝を観光名所として観光協会の会長にも教えてあげ、だいぶ盛られた感じで売り出していました。
 

ベルゼブブの家

ベルゼブブの家に遊びに行く事になりました、ハルカラの休日に合わせドラゴン二人に乗って行きました。

ベルゼブブの家は三階建ての巨大な洋館チックな建物で広い前庭つきでした、大きな鐘を鳴らすとベルゼブブがやってきました。

お茶やお菓子でもてなしてくれますがメイドがいません、家の中を案内してくれますが何か隠しているようです、いきなりファウファが部屋を飛び出し二階に行くと廃墟のようでした。

屋敷が広すぎて管理が出来ず一階の一部しか使用していないらしい、ライカが屋敷を綺麗にしようと言い出しフラットルテを焚きつけて掃除対決を始めます。

他の人は庭をやろうとしたがトゲのある木ばかりで挫折しました、五百年は放置している大自然でした、試しに草を抜こうとすると「抜かないで」と声が聞こえました。

一ヶ月後、ベルゼブブから招待され屋敷に行くと家の中は見違える程、綺麗になっていました。

しかし庭は樹海のようでした、探検ごっこが出来ると二人の子供が中に入って行きますが魔族の土地なので何が起こるか分かりません、慌てて二人を探し十五分後に発見する事が出来ました。

途中、地中の中で地面スレスレを凄い勢いで進んでいるものがありました、謎の少女が出て来て魔女がいると驚かれ、また地面に潜り何処かへ行ってしまいました。

洞窟の魔女エノの店にマンドラゴラ錠を買いに来ていました、いつか三百年物を見つけたいと言い特徴を聞くと、アズサはベルゼブブの庭で似たような物を見たと話してしまいます。

無茶をしそうなエノを止めるべくベルゼブブの屋敷へ向かいます、エノは何十人という魔女を連れて法を犯してでも入手すると宣言します。

エノや魔女達よりも先にマンドラゴラを見つけるため森に入りますがハルカラが植物達に襲われるし、なかなか見つかりません。

ハルカラが大声でマンドラゴラに呼びかけると女の子の姿をした子がアズサに抱きついてきました。

エノは最初に手にしたのはアズサなので諦めてくれました、マンドラゴラは葉っぱをあげて、ベルゼブブは庭園の拝観料を請求し一件落着しました。

マンドラゴラにサンドラという名前を付けて、高原の家に連れて帰りました、菜園の隅っこに植わる事にし、子供二人は興味津々です。

子供二人がサンドラをお風呂にいれようとする事件があり、家族会議を開く事にしました、サンドラの事を家族全員で知っておこうというものです。

家族からの質問が終わり、サンドラからは菜園の野菜が不味いとのダメ出しがきた、美味しくして見せると土を変え二週間後に収穫した野菜は絶品でした。
 

学校へ行こう

子供三人が学校へ通いたいと言い出しました、まずは一週間の体験入学をして様子を見る事にしました。

アズサは透明魔法で教室に忍び込みました、サンドラは文字の書き方を四苦八苦しながらやっていました、シャルシャは渡された算術は理解出来てしまいます、ファルファは大学の問題まで解いてしまい天才と騒ぎ立てられます。

休み時間にドッジボールをするとシャルシャとファルファの剛速球に子供が泣き出してしまいます、サンドラはボールを回避するため土の中に入ってしまいました。

後日、学校側からは教えられる範囲は超えていると言われ、サンドラだけなら面倒見れると言ってもらえたが双子に習わせる事にしました。
 

踊り祭り

また踊り祭りがやって来ました、村人の要望もあり今年も喫茶店を開く事にしました。

フラットルテの給仕服を仕立て屋に注文し、他の家族も試着します、そこにベルゼブブが給仕服で登場し今年も手伝ってくれると言います。

更に魔王ペコラも給仕服で登場し、ファートラとヴァーニアが料理の入っている箱を持ってくる、テラス席の増設も可能だと言います。

そして本格的過ぎました、リヴァイアサンから大量のテーブルと椅子が運ばれ高原いっぱいに広がっています、遠方の町にもチラシを配り、村の宿は人で溢れ野営する人まで出てしまいました。

当日の早朝五時、外はすでに終わりが見えないほど列が形成されていました、予定より早い七時オープンを目指して準備します。

すぐに席は埋まっていく、テーブルには店員を呼ぶブザー的なものが設置されています、厨房もてんやわんやでドラゴン二人が競争しています。

野外キッチンではヴァーニアが炎を鉄板からあげお客さんから拍手を貰っています、洗い場ではブッスラーが高速で皿を洗い布巾で拭いていました。

興味のない素振りをしていたサンドラに手伝いを頼み給仕服を見せると目が輝きました。

七時過ぎに最後のお客さんが帰り無事終了、外のテーブルで打ち上げをしました。

翌朝の朝食はログハウス風エリアの共有スペースで食べる事にし、料理はヴァーニアにおる高級ホテルのような本格的な朝食が出て来ました。

皆でフラタ村へ行くと魔族がお店を出店していました、洞窟の魔女エノも来ています、ゲーム大会実施中ののぼりを立てたポンデリも来ていました。

ステージでは高名な歌手が来ると聞いたので行ってみるとペコラでした、魔族っぽい血なまぐさいポップな曲を歌い、ペコラに呼ばれてアズサもステージに上がります。

吟遊詩人のククもステージに上がり一緒に歌いました、いつの間にか観客も歌っていて会場がひとつになっています。

去年とはまた違った、とても良い踊り祭りになりました。

フラタ村に新しい宿を作ろうという話が出て村長さんにライカが相談されました、ファルファも案を出して数日で宿は完成しました。

立派な三階建てで、ライカの案内で中を見学します、宿泊出来る部屋は二階と三階で部屋に甘い物が置いてあり売店でも買えるスタイルになっています。

売店にはフラタ村の名前が入ったクッキーやカップケーキが売られ、遊技場と大浴場まで有ります。

日帰り入浴もできタオルは売店で買えて、ほぼ日本だろとアズサは思いました。
 

スピンオフ魔族の農相

私の名前はベルゼブブ、千五百年前から魔族の農務省の農業製作機構で地味に働いています。

意図的にヒラ役人にとどまって、責任を伴わない気楽な生活を送っています。

そんな中、新魔王ペコラの即位式がやって来ました、魔王は小娘といった風貌で所信表明演説をし、新しい閣僚人事の発表になります。

農相にベルゼブブさん、最初何を言われたか分かりませんでしたが、ペコラは事前に用意しておいた図面で説明します。

大臣の地位は貴族の者が就くのが慣例なのでその場で爵位を貰いました、元貴族の邸宅で空いている物も貰いました。

脱衣所で鏡を見ると、うだつの上がらないぱっとしない女が立っていました、私は決心しました、キャラを変えようと。

女性洋服飾店に行き、言葉使いも変え、劇的に変化した姿で出勤すると場所を間違えてしまいました。

ベルゼブブは「農務省」の看板がある建物の前で尻込みしていました、裏口から入り大臣室へ行くと官僚たちが並んでいました。

着任の挨拶を卑屈にならずに乗り切ったが期待のまなざしが痛い、秘書官補佐が二人付いているが、ファートラはベルゼブブ様がまったく大臣に足る器ではなく農政が後退すると判断すればしかるべき手をとると脅してきます。

農相としての仕事はサインする事でした、最初の三ヶ月くらいは農業行政の把握、ノートを作って攻略して行きました。

半年が過ぎた頃、ファートラが最初に会った時に試すような事を言った事を謝ってきました。

ヴァーニアが大事な書類を廃棄してしまい、関係者各所に謝罪行脚に行きどうにか一件落着しました。

ヴァーニアを憂さ晴らしにバーに連れて行くと左遷させられるのかとビクビクしていました、思い切り飲んで嫌な事を忘れるだけと言うと二時間後ヴァーニアはつぶれました。

ベルゼブブはヴァーニアを背負い歩いているとヴァートラが迎えに来ていました、お前が使えるに足る農相になったか聞くと七十五点と言います。

合格はしているだろうと思い今度はファートラも連れて行く約束をしました。

以上、スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました5巻のネタバレでした。

今度は植物の家族が増えましたね。

村祭りも魔族が参加して大規模になってしまいましたが皆と過ごすスローライフは格別でした。

ドラゴン対決や子供達が勉強したり、家族の交流が増えて次は何をしてくれるのか?続きが気になりますね。

 

まとめ

スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました5巻のネタバレまとめでした。

全体的に登場するキャラが軽くてゆるい感じがしませんか?そして働きたくないと言っていたポンデリまで働いているのが偉いですよね。

ドラマCDが発売されています、なんとアズサ役は悠木碧さんです、他にも素敵な声優さんが担当しているのでぜひ機会があれば聴いてみてほしいです!

あと、声優さんが決まっているなら、そろそろアニメ化しても良いんじゃないかなって期待しているんですが、アニメ化しそうと思いますか?







コメントを残す