【ラノベ】弱キャラ友崎くん2巻(Lv.2)のネタバレまとめ

※この記事ではラノベ弱キャラ友崎くん2巻(Lv.2)のネタバレが含まれます。

この記事では、弱キャラ友崎くん2巻(Lv.2)のネタバレを紹介していきます。

1巻に引き続き、2巻でも弱キャラから強キャラになるための特訓、ノウハウが豊富で手にとって読んでほしいラノベです!

ただ、読む時間がない方や内容を知った上で読みたい方もいるかと思いますので弱キャラ友崎くん2巻のネタバレをまとめました。

 

ラノベ『弱キャラ友崎くん2巻』をざっくり3行で紹介

ラノベ『弱キャラ友崎くん2巻』のネタバレの前に、2巻の内容をざっくりと3行で紹介します。

ざっくり3行で弱キャラ友崎くん2巻

4人で買い物、食事デートの練習
みみみの生徒会選挙活動を裏で手伝う
みみみが日南に勝てず落ちていくのを友崎が救う

弱キャラ友崎くん2巻は読んでいるときは生徒会選挙が話のメインかなと思っていましたが、本当のメインはみみみが落ちていくのを友崎が救うところでした。

また、新たなキャラの水沢が友崎と関わったり、生徒会選挙では日南をワクワクさせたり。

良い感じで友崎が弱キャラから強キャラにレベルアップしています。

ここから少し弱キャラ友崎くん2巻のネタバレを含みますが・・・

やっぱり友崎は少なからず日南のことを想っている感じですね。

日南が水沢と付き合っているという噂が耳に入った途端にうろたえたり。

2巻の最後みみみと日南とたまちゃん、そして友崎の4人で食事をしているときも「付き合っていない」とわかって周りを気にせずホッとしていたり。

ただ、日南は友崎を強キャラにするために菊池さんと付き合うように仕掛けていますが、それは今後どんな展開になっていくのか。

泉さんは中村とくっつきそうなので、

日南、みみみ、たまちゃん、菊池さん

この4人と今後どういう関係になっていくのかすごく楽しみです!

弱キャラ友崎くんは三角関係や四角関係みたいな展開が好きな人にはたまらないラノベだと思いますよ。

それでは、弱キャラ友崎くん2巻のネタバレをここからまとめていきます。

 

ラノベ『弱キャラ友崎くん2巻』のネタバレ

<弱キャラ友崎くん2巻(Lv.2)のネタバレ>

ゲーム「アタファミ」内では日本一でも、人生においては弱キャラな友崎は、日南との対戦をしながら前日のことを思い出していました。

日南を映画に誘えたことに喜びを感じたのも束の間、日南が映画に付き合ったのは鑑賞後のやり取りの仕方のレッスンをするためであることがわかり、感想がうまく言えない友崎は疲弊していました。

そのため、日南をアタファミの対戦へと誘い、ゲームで勝利することで発散するのでした。

週が明けて学校へ行くと、泉が友崎からの課題をクリアしたことを伝えてきました。

中村の誕生日が近いことも話題にしつつ会話することができた友崎は、以前より人と会話ができる自分に変わってきたことを実感します。

その後、中村と一緒にいるリア充の1人水沢から声を掛けられます。

先日の対戦での友崎の行動に共感していること、自分は味方であることを伝えると共に、一緒に食事でも、と誘われます。

日南に報告したところ、デートの練習にもなり得るのでちょうどいいと、まずは女の子をもう1人誘う課題を出されます。

そこで友崎は中村の誕生日プレゼント選びと仲直りを口実に泉を誘うことに成功しますが、日南からは買物となると食事より難易度が上がってしまうと苦い反応をされます。

 

4人で買い物と食事

買物の日程が決まった翌日、担任から生徒会選挙のお知らせがありました。

日南が立候補するのではないかとみみみと会話し、なんとなく嫌な予感を抱えつつも、休み時間は菊池との優しい時間を過ごす友崎でした。

そして、とうとう買物当日。

早めに待ち合わせ場所に訪れた日南と友崎。

緊張していて課題に取り組めないなんてことはないようにと念押しされていると、水沢、泉のメンバーが揃います。

水沢の提案によってビームスでプレゼント選びをするも、なかなか決められない中、泉から水沢と日南が付き合っているとの噂があると伝えられた友崎は思わず動揺してしまうのでした。

買物での課題は二回以上自分の提案を通す場の空気を操作することに慣れる、というものでした。

それにより、自分の提案に責任を持つことに慣れるという目的もあったのですが、友崎はなかなかそれができません。

美容師志望の水沢おすすめのワックスを泉はプレゼントにすることに決め、水沢は試しに友崎の髪をセットしてみせます。

その後、たまたまエスカレーターの鏡に写った自分の姿を見た友崎は、変われた自分に対して達成感を抱くのでした。

休憩を終え、プレゼントを思いついた友崎は、それを買うことで自分の提案を1つ通すことに成功します。

しかし、その後のランチのお店選びなど次々に自分の提案を通していく水沢を見ながら、自分との違いに悩むのでした。

その後の反省会で課題をクリアできなかったことを日南に責められつつ、見た目が向上していると実感できたことは褒められます。

けれど、友崎の水沢に対する評価に日南は難色を示し、水沢の提案の何が良くなかったのかを説明します。

そして、提案を通す上で大切なことは周りを納得させること、利害関係の一致、発言力の強い人間の説得であり、時には正しい提案を通すために間違ったルールを利用する必要があることを踏まえた上で、水沢の行動を参考にするよう伝えるのでした。

 

生徒会選挙:日南vsみみみ

担任が生徒会選挙立候補の受付開始を伝えると、日南が立候補届を提出しに行きます。

しかし、同時にみみみも立候補届を提出します。

その後、急に日南に呼び出された友崎は本当は推薦人に友崎を指名する予定だったことを伝えます。

しかし、みみみが立候補することで状況が変わったと。友崎はみみみの推薦人になるよう指示されたため、友崎はみみみに声を掛けますが、既に推薦人は決めているからと断られます。

それを日南に報告すると、予想通りではあるが選挙活動中は忙しくなるので、課題の自習をしているよう言われるのでした。

次の日の朝から選挙活動は始まっていました。

みみみは後輩らしき女の子と一緒に、日南は水沢と一緒でした。

それぞれの演説を聞いて、友崎は誰も日南には勝てないなと感じたのでした。

そして放課後、みみみから公約だという紙を見せられ、どう思うかと聞かれます。

気になるところが複数あったためそれを伝えようか悩んだ時、友崎は以前の自分の提案を通すという課題を自主的にやってみようと思い立ちます。

そして、部活のために推薦人がいなくなるみみみのために、放課後は自分がブレーンとして手伝うことを提案します。

こうして友崎は日南を倒してみたいという理由で、みみみの選挙活動を手伝うことになりました。

弱キャラである友崎では無理でも、強キャラであるみみみを操作する裏方ならできることがあるのではないかと考えたのです。

そして、公約を見やすく、生徒受けしそうな内容にします。

圧倒的な努力量による正面突破をプレイスタイルとする日南を相手にするため、友崎はその戦力差を利用した搦め手を考えます。

そのために、みみみの交渉力を利用して球技種目の部活動には電動空気入れを餌として買収し、堅い支持者を集めることにしました。

100%の支持は無理でも51%の支持を目指すことにしたのです。

一緒に活動しているうちに、みみみの立候補理由が、日南がいつも1位でいつも自分は2位だから勝ちたいのだとわかります。

ゲーマーとして気持ちが共感できる友崎は、次に1年に向けて教室にクーラーを導入すると演説して回ることを提案し、演説に向けた細工や台本などを話し合うのでした。

そして演説本番当日、日南が行なった演説は、友崎達が考えていた公約をそのまま取り入れつつ、さらに説得力を加えた内容でした。

やはり日南には勝てないと感じつつも、自分達にできること、ゲーマーとしての意地を見せるためにも友崎は演説の準備をします。

それは演説の最後に、人為的な突発的な舞台を作り、違う土俵で戦う場を設定することでした。

Siriを利用した演説は会場を大いに沸かせたのでした。

結果的に、選挙の結果は日南の大勝でした。

 

みみみの変化

みみみは元気さを取り繕いながらも、いつも一緒にいるたまはみみみが無理していることに気づいていました。

その後の反省会で、日南はみみみの演説の演出が友崎であることに気づいており、明らかにテンションの上がった状態で珍しく声を出して笑いながら話すのでした。

そして、その後の課題は人を笑わせることになりました。

友崎は休み時間に菊池を映画に誘った際に微笑んで貰えたため、それをもってクリアとするのでした。

日南やたまの話から、選挙後からみみみが朝練や放課後の部活動で日南と同じくらい練習するようになったことを知ります。

それが何日も続くにつれて、みみみの様子がおかしくなっていきました。

菊池もみみみの変化に気づき、何故そこまで張り合おうとするのかと気にしていたのを受けて、友崎はみみみが中学の頃にあった出来事を調べます。

それらを知った上で、友崎は何度かみみみと会話するものの、努力を止めることは難しいと感じるのでした。

もう限界なのではないかと思われた頃、みみみは退部届を提出します。

悔しそうな日南、困惑するたまを見て、友崎は自分ができることは何かと考え、たまと一緒に3人で帰らないかと提案します。

帰宅する中で、たまがみみみの本心を聞き出し受け入れたことで、ようやくみみみに笑顔が戻ります。

翌日、頭を下げながらもみみみは部活に戻り、たまとのやり取りも増えました。

そして迎えた中村の誕生日。

泉はワックスをプレゼントします。

そして、友崎が中村に贈ったのは、ゲームのコントローラーでした。

以前の対戦で使っていたコントローラーはスティックがヘタっていたからです。

中村が受け取った後、仲直りのきっかけとして何か話題はと考えた挙句に友崎が聞いたのは、日南と水沢が付き合ってるのは本当なのか、ということでした。

その後、みみみ、たま、日南の4人でファミレスでの昼食となったものの、友崎はそれをネタにからかわれていました。

最終的に付き合っていないことを日南から聞き、友崎は安心するのでした。

そして、みみみは今回の件の謝罪とお礼も含めてハニワのようなデザインのお揃いのキーホルダーを3人にプレゼントしたのでした。

以上、ラノベ弱キャラ友崎くん2巻(Lv.2)のネタバレまとめでした。

3巻は菊池さんとデートの話になるか、または日南が新たな司令を出して話が進んでいくのか。

また、みみみが友崎のことをどう想うのかなど次の3巻以降も期待できる展開ですね。

あとはお揃いのキーホルダーが何かしらの鍵を握りそうな予感も・・・。

 

まとめ

ラノベ『弱キャラ友崎くん』2巻のネタバレまとめでした。

何度もお伝えしてしまっていますが、弱キャラ友崎くんはぜひ手にとって読んでほしいラノベです!

読みやすいですし、ネタバレを読んだあとでも実際にラノベを読んでもきっと面白いと感じてもらえると思います。

機会があればぜひ弱キャラ友崎くん、読んでみてくださいね。

さて、2巻のネタバレを読んでみてどうでしたか?

なにか感想とかあればコメント欄に載せてもらえると嬉しいです!







コメントを残す