【ラノベ】幼女戦記2巻のネタバレと内容をざっくり3行で紹介

※この記事ではラノベ幼女戦記2巻のネタバレが含まれます。

前巻のラノベ『幼女戦記』1巻では、ターニャが異世界へ転生して、戦争に巻き込まれて行き、魔導大隊を任され、ダキア公国に攻める事になったところで終わりました。

ラインの悪魔と呼ばれる魔道士になりましたが、更なる活躍を期待したいですね。

この記事では、ラノベの幼女戦記2巻のネタバレをまとめてあります。

幼女戦記1巻のネタバレも下記の記事でまとめてありますので、チェックしていない方はこちらから。

【ラノベ】幼女戦記1巻のネタバレと内容をざっくり3行で紹介

2018.11.16

 

幼女戦記2巻のあらすじ

金髪、碧眼の幼い少女という外見とは裏腹に、
『死神』『悪魔』と忌避される、
帝国軍の魔導大隊の指揮官、ターニャ・デグレチャフ魔導少佐。
大軍を烏合の衆と嗤い、懸命の抵抗を蹂躙し、焼けといわれた街を焼く。
彼女の姿は、帝国軍という暴力装置の矛先として先陣にあった。
各国の思惑が入り乱れ、激化する戦局の中で、
帝国軍参謀本部は、勝利の秘訣は、
『前方への脱出』のみと確信する。
すなわち――さらに前へ。ひたすらに前へ。ただ、前進制圧あるのみ、と。
そして彼らは、勝利を求めて突き進む。
引用元:KADOKAWA

 

ラノベ『幼女戦記2巻』をざっくり3行で紹介

続いて、幼女戦記2巻の内容をざっくりと3行で紹介します。

ざっくり3行で幼女戦記2巻

即応魔導大隊の初戦相手はダキア公国
北方でも大活躍し、協商連合アンソン大佐と運命の出会いをする
共和国の市街地で住民と戦う事になり動揺する者が出てくる

幼女戦記2巻ではターニャは南で戦って、北で戦って、西で戦って、他国の市街地で戦います。

ここから少しネタバレを含みますが・・・

現代の記憶が有るので賢く出世、そのせいか神に対する冒涜は続いていますが改心する日は来るのでしょうか。

第2巻から本格的にターニャが率いる即応魔導大隊が活躍していきますのでカッコイイ姿をお見逃しなく。

魔導士達は各地へと派遣され成長しますが、帝国の行先は怪しくなってきたし、各国の動きにも目が離せません。

それでは、幼女戦記2巻のネタバレをここから紹介していきます。

 

ラノベ『幼女戦記2巻』のネタバレ

ターニャは、ランシルヴァニア地方トゥラーオ郡帝国軍野外演習場で司令部通信要員の回答に、笑みで口元がつり上がるのを抑えきれないでいました。

敵航空戦力無し、敵のコンタクトチャンネルも繋がっているとは、なんという好機なのでしょうか。

九月二十四日はターニャの誕生日です、書類だけの特に意味の無いものと感じていましたが、ダキアは誕生日プレゼントを用意してくれたようです。

この好機を逃すまいと出動命令をスキップしながら待つ様子は、周りからすれば恐怖でしか有りませんでした。

レルゲン中佐も同じで、司令部はダキア軍六○万の歩兵師団に焦っているようなのです。

ターニャはボーイスカウトのようなダキア軍など蹴散らして見せると言います、そしてお任せあれと感極まっていました。

さて戦争の時間だ、いや、戦争のようなものの始まりだ、いや、スポーツの時間だろう。

ダキア軍約三個師団を魔導大隊は三個中隊で襲撃します、一個中隊が余ってしまいますが仕方有りません、本来は空中制空戦に投じますが今日は必要無いためです。

セレブリャコーフ少尉は難戦すると思っていました、ヴァイス中尉は敵が対空射撃隊列を形成したから教範通りに距離をとりますが、ターニャには敵前逃亡に見えて激怒します。

実戦経験の無い者には教範が全てなので仕方なの無いことですが、実戦は教範通りにはいかないと見本を見せ、ため息をつくのでした。

前線司令部が、いとも簡単に見つかり全てが簡単に行き過ぎていて部下を疑いたくなるほどです。

通信は垂れ流し、防御もしていないなど信じられない状況でした、将官以外は射殺、ブービートラップを仕込み書類を回収し参謀本部へのお土産としましょう。

残敵掃討は友軍に任せ、ターニャ達は、物は試しと首都へと前進します。

ダキアの首都は穏やかな夜の帳に包まれていました。

ターニャ達の目標はカルベリウス兵器工廠、戦時国際法に則り、国際救難チャンネルで避難勧告をしますが、あくまで形式的に行うだけ。

後で言い訳する時に、女や子供が警告した方が油断すると思ったと主張出来るようにターニャ自身が子供のイタズラのように発言します。

四八人の魔道士から長距離用爆裂術式が放たれ的中します、それは花火のようで、大隊は皆満足して帰路するのでした。
 

ノルデンでの戦い

協商連合軍のアンソンは上官が戦士したため大佐に昇進しました。

同盟国の共和国と連携を始めましたが、国力に余裕が無いため他国へ頼るしかないのです。

協商連合と共和国、連合王国からなる連合王国軍部から、海からの強襲を示唆されるが、魔導部隊が守っているし、他国戦艦が出動してくれるはずと他力本願で楽観視しています。

アンソン大佐は出撃時に娘のメアリーからクリスマスプレゼントを受け取ります。

ケースの中には新品の高価なモデルの短機関銃でアンソンのイニシャル入りでした。

良い娘を、幸せな家族を持った事を誇りに思い、大切な家族が居る祖国を改めて死守する事を覚悟するのでした。

第二○三魔導大隊は参謀本部よりノルデンへの通達を受けました。

ダキアと同じ働き、もしくは新戦術の実戦検証を期待されているのです。

帝国北方の物資集積地前衛部の空を魔導大隊が守っていますが状況は最悪です、協商連合に加え国籍不明の義勇軍魔導師に襲撃されています。

友軍は隊長が打たれ戦力ダウンし、更に二個中隊規模の増援と爆撃機まで現れ全滅を覚悟するしかない状況でした。

その時、第二○三魔導大隊が現れます、しかも指揮官のターニャはネームドです。

一方、連合王国義勇軍はラインの悪魔が現れた事に驚きを隠せないでいました。

第一から第四中隊は前衛を、第四は後衛をターニャは一人で爆撃機を襲撃します。

観測所ではデータを取ろうと躍起になりますがターニャの一撃で建物ごと大破します。
 

オース・フィヨルドでの戦い

北方方面軍とターニャは意見が合いませんでした。

ルーデンドルフ少将に先程の会議がいかに愚案なものか説いている中、計画している北方海域の揚陸作戦を言い当てます。

次の戦いの地はオース・フィヨルド、艦隊が突入出来るように、三○分で敵の砲台を撃破し味方の艦隊を湾の中へ通し上陸させるのが目的です。

輸送機で対象地区へ落下し、低空飛行で撃破しつつ、敵魔導部隊と交戦しなければならない難しい任務です。

敵魔導師の中にアンソン大佐がいました、かつてターニャが銀翼突撃章を貰った戦いで撃破した部隊にいた男です。

アンソン大佐はターニャを認識すると怨みの気持ちが湧き上がり突き進んでいきます。

下から狙うも避けられてしまい当たらず、ターニャは急降下して銃剣でアンソン大佐の腹部に突き刺し、メアリーからプレゼントされた短機関銃を強奪したのでした。

第二○三魔導大隊は魔導師追撃六、不明艦不確実中破、部下六名重傷、軽傷多数と言う結果になり、負け戦となったのか、魔導師で対艦戦闘まで出来たと褒め称えるのか、考えるのはやめて再訓練と休養を申請しようと基地へと帰還します。

しかし帰路に国籍不艦を発見してしまい、しかも連合王国の国旗を掲げた貨物船との密会中だったため、審議の程が不明な潜水艦を威嚇し、襲撃した結果、沈めてしまったのです。

今回の働きは失敗とみなされ、神への冒涜を吐き続けます。

汚名返上と優秀さを見せつけるため、次の命令は決して失敗は許されない。

行き先はライン戦線、その前に艦隊演習に参加してからです。

ラインの空、第二○三魔導大隊は支援戦闘の真っ只中。

支援砲撃に浮かれ口元が緩む、敵魔導中隊も登場し心は弾む、味方からも死神と称されるターニャ少佐は周りが死に尽くしたのを一瞥後、帰還したのでした。

魔道士が補充されてきたが教導、つまり新人研修を行うようにとの通達が有りましたが、前線に配置された兵士の損耗率があまりにも酷い。

再度検討した結果、夜戦を経験させる事になりましたが補充兵を二人失い、ベテランの大隊魔導師を一人古くなったジャガイモで退役させる事になりました。
 

共和国での戦い

共和国アレーヌ・ロゲイン地方で住民による暴動が起こり、帝国軍兵士が捕虜となりました、ターニャが学生時代に提出した論文を参考に制圧する事に成功します。

論文の内容は、住民は降伏もせず捕虜にならない事を宣言し戦闘員とみなされ、社会的に殺されても良い者とすること。

目論見通りに帝国軍は法的に阻害されることなく制圧する事が出来たという訳です。

敵魔導部隊なら問題ないが、一般市民を攻撃する事になり動揺する者が出来きます。

一瞬の躊躇が命取りになるのが戦場、虐殺と言う地獄であっても軍人にとっては戦場なのです。

そして地獄はまだ続いているようでした、今度はライン戦線を捨てたと見せて敵共和国を誘い込み襲撃する計画が進行していました。

その最後尾でターニャ達魔導大隊が遅延戦闘をしながらの後退を命令されるのです。

共和国が前線を押上しようと躍起になっている最中、第二○三魔導大隊は久しぶりの休養を取りターニャでさえも穏やかな時間を過ごしていました。

共和国が空白地帯に進軍するため敵司令部を襲撃し崩壊させる時までのわずかな時間です。

帝国は前進するしかないのです、断固たる前進あるのみなのです。

以上、幼女戦記2巻のネタバレでした。

各地で戦って魔導大隊は実戦経験を積み信頼されるようになりましたね。

幼女戦記3巻のネタバレもまとめていますので、知りたい方はこちらから。

【ラノベ】幼女戦記3巻のネタバレと内容をざっくり3行で紹介

2018.11.16

 

まとめ

ラノベ幼女戦記2巻のネタバレまとめでした。

戦闘シーンが魔道士だけではなく艦隊や砲台など幅広くなってきてリアル感が増してきました。

まだまだ戦いは続きそうなので、即応魔導大隊には全方面で活躍して欲しいです。

協商連合のアンソン大佐は覚えておいてくださいね、後に娘のメアリーが登場しますので楽しみにしていてください!

幼女戦記2巻を読んでみてあなたはどうでしたか?

ターニャが勝利すると、何だか嬉しくなるのは何故でしょうか、中身はおじさんなんですけどね。

感想などがあればコメント欄に載せてもらえると嬉しいです!

ちなみに、幼女戦記3巻のネタバレはこちら。

【ラノベ】幼女戦記3巻のネタバレと内容をざっくり3行で紹介

2018.11.16






コメントを残す