【リゼロ】レムの復活はいつごろか?現在の状況などネタバレ

RMT!

レムりんマジ天使。

そんなレムりんが3章の終わりから眠り続けてしまっています。

なぜ?どうして?いつ復活するの?

レムの復活を切望する声が絶えない中、なかなか目を覚ましてくれませんね。

そこで今回はレムはなぜ植物人間状態に?復活はいつ頃か?現在の状況は?

気になっている方にこちらの情報をネタバレしていきます。

スポンサーリンク

なぜレムは眠り続けているの?

なぜレムは眠りから覚めず、植物人間状態になってしまったのか?

3章の終わり、白鯨戦後レムとクルシュはスバルたちとは別行動を取り、王都に向かうことに。

そこでレムとクルシュ達は「強欲」と「暴食」の大罪司教に襲われ、レムは暴食担当ライ・バテンカイトスに「名前」と「記憶」を食われてしまいました。

クルシュは名前を食われただけだったので、記憶喪失の状態で済みましたがレムは自分の名前と周りからのレムの記憶も食われてしまったため植物人間状態になってしまいます。

スバルがエミリアに、レムのことを話すとエミリアは困惑した顔で
「レムって誰のこと?」
と、、、。

スバルは眠り続けるレムの横で即座に自分の喉を掻き切り死に戻りをしますが、セーブポイントが更新されていてレムの横で喉を掻き切る直前に。

レムに「必ず助ける、待っていろ」と誓い、現在に至るわけです。

なぜスバルにだけレムに記憶が?

はっきりとした理由は明言されていないのでわかりませんが、他の人たちとスバルの違いは「異世界から来ている」「死に戻りができる」です。

これらが関係していそうですね。

あとは、嫉妬の魔女の呪いの影響も関係ありそう、、、。

ペテルギウスの見えざる手もスバルにだけは見えていたので、異世界の特殊能力がスバルには効果を発揮しないという可能性も。
 

レムの5章、6章での状況

2016年11月現在リゼロは6章に突入していますが、未だレムは眠り続けています。

スバルの中にしかレムの記憶はありません。

5章では、水の都「プリステラ」で魔女教の襲撃を受けます。

ロズワール邸で眠り続けるレム。

レムの記憶を奪った大罪司教「暴食」ライ・バテンカイトスが食らった人の記憶を有していることが判明。レムのスバルへの気持ちなどもバテンカイトスの中に。

フェルト、ベアトリス、オットー、ダイナスが共闘してバテンカイトスをあと一歩まで追い詰めますが、逃げられる、、、。

6章では、「暴食」の被害にあったレムと5章で被害にあった人たちを救うために未だ眠り続けるレムを連れて「賢者」に会いにいきます。

スポンサーリンク

レムはどうすれば復活するの?

単純に考えるとレムの記憶を奪ったのは大罪司教「暴食」担当ライ・バテンカイトスなので、バテンカイトスを倒せばレムや他の人たちも記憶を取り戻せるのでは?と思いますよね。

しかし、バテンカイトスは一筋縄では倒せないようです。

5章でも実際、あと一歩のところまで追い詰めますが逃げられてしまいますね。

そこでアナスタシア(エキドナ)が、レムや5章で被害にあった人を救うために賢者シャウラがいるプレアデス監視塔に行くことを提案。

6章ではスバル、エミリア、ベアトリス、ユリウス、アナスタシア、ロズワール邸からラム、魔獣使いメィリィも加わり賢者シャウラからレムや他にも被害を受けた人たちを救うための情報を求め監視塔へ旅立ちます。

現在、レムを救うためにスバルたちは監視塔攻略をしている最中です。

スバルの試練はまだまだ続きそうですね、、。
 

レムの復活はいつ頃?

作者がレムメインの回がもう一度あると言っていたのでこのまま復活せずに終わることはないようですね。

スバルたちもレムを助けようと奮闘している最中なのできっとスバルはレムを救ってくれるでしょう!

しかし、レムがいつ復活するのかは今の所作者も明言していませんので断定はできません。

明言されているのは、11章まで書く予定とのことなので6章でようやく半分といったところですね。

賢者シャウラから有力な情報が手に入りレムが早急に復活することを祈りましょう!

個人的には、スバルがバテンカイトスをめっためたに痛めつけて倒して欲しいところです。
 

まとめ

まだまだ目が離せないリゼロ「Re:ゼロから始める異世界生活」。

今後の展開とても気になりますね!

6章でようやく半分ということは、まだこれから予想もつかない展開が待っていそうですね。

何よりもレムが早く復活してくれることを願って、、、。

1度止まっていたレムの時間をスバルが進めることができたのですから、またスバルはレムのことを助けることができるでしょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です